エンジェルトーンピアノ教室

〒484-0061

愛知県犬山市大字前原字西町65

(城東第2子ども未来園より徒歩5分)

☆駐車スペースあります☆

※ アクセスマップはこちらより確認できます。

お気軽にメールかお電話で

お問い合わせください。

090-4216-1384

 

エンジェルトーンピアノ教室ブログ

Copyright (c) 2015 @ Angel Tone Piano Lesson  All Right Reserved

  • Facebook Social Icon
  • YouTube Social  Icon

エンジェルトーンピアノ教室へようこそ

 ~音楽教育はあらゆる道で成功する秘訣です~

 

ピアノは、鍵を押せば音が鳴る楽器なのは皆さんご存知ですね。弦楽器や管楽器などは音を出すまでにレッスンが必要ですがピアノはそうではありません。その分、鍵盤の位置や運指、楽譜の読み方を少しマスターすればどなたでも小さな曲から弾く事が出来ます。

それはとても良い事なのですが、その反面、音そのものに注意を払わず楽譜の音符だけを弾くことにとどまって教えている教室が多いのも現状です。

 

私がチェコのプラハで教えた生徒は日本人のみにかかわらず、チェコ、 ロシア、イラン、イタリアなど様々な国の大人やこども達でした。その中には初心者のレッスン生だけでなく、他の音楽教室もしくはピアノ講師から私のもとへ 移っていらした生徒さんも多くありました。そういったピアノ経験のある生徒さんの演奏から感じられたのが前述した問題です。

 

ピアノは表現芸術です。ただ講師の言われるまま、音符を弾くだけの レッスンを続けても表現力、想像力は伸びにくく、曲に対する理解が少ない為に演奏する本人すらも退屈になってしまいがちです。結果、長い期間レッスンして いるにもかかわらず演奏が平凡で音楽とふれあう喜びを得られぬままピアノから遠ざかってしまうという事が多いのです。

 

実りあるピアノレッスンで大切なことは、講師と共に考え、楽譜に隠さ れたメッセージを発見し表現したい音、演奏をイメージする力を身につけることです。こうした力を手に入れた生徒さんの演奏はイキイキと輝き美しく響く音色 が聴衆の心に残るものへと大変化をとげます。そして何より嬉しい事は、演奏する子ども達が自分の表現したい音楽のビジョンを描きながら楽しんでピアノに向 かえるという事です。

 

お子様達が充実したレッスン時間を過ごすには講師と生徒間のコミュニケーションが大変重要です。一人ひとり、それぞれが持つ個性を発揮させるべく私のレッスンは型にとらわれない自由な形態で進みます。その結果しばらく私と一緒にレッスンを続けた生徒さんの演奏は聴衆から

「以前の演奏からピアノの弾き方がガラッと変わって音楽的になった」

「ピアノに向かう姿勢が以前と全く違う!」

「美しい音作りが出来るようになった」

「楽曲が生徒さんのキャラクターにぴったりだった」

と驚きや賞賛の声を浴びています。そうした聴衆の声が次への原動力となり、演奏する喜びと自信へと繋がるのです。

ピアノへ向かう前向きな姿勢があってこそ脳トレーニングも成果が見ら れ生涯にわたる音楽センス、心の豊かさや細やかさを育みます。リラックスしてレッスンに取り組みのびのびと音楽にふれあう中でお子様にもご家族の皆様にも 天使の音色が響く生活。これがエンジェルトーンが目指すレッスンのかたちです。

フジテレビ系 「ホンマでっかTV」 にゲスト評論家として出演されている人気脳科学者の澤口俊之先生は習い事の質問でこのようにおっしゃっていました。

 

「一番習い事として良いのはピアノです。指を動かす、先を読む、暗記する。全ての脳の働きを高める。ピアノを習っている子は頭がいい。さらにピアノを習うとキレにくくなる。」

 

なんでも 「人間性知能=HQ」 を高めることで向上するもの、

行動力や運動能力、問題解決能力や言語能力等を

5~8歳くらいの頃に訓練すると効果的らしく、その方法として

効果的なのが 「ピアノのおけいこ」 であるとされています。ピアノを練習することにより、脳の構造を発達させる効果もあるということです。


しかし楽しんでやらないと意味がないそうです。

 

ピアノレッスンは講師と生徒のプライベート空間。お子様が楽しくピアノに向かえるような教室を選択することがとても重要です。

エンジェルトーンのレッスンはお子様とのコミュニケーションを一番に考えた自由な態勢。無理のないプログラム展開でのびのびと音楽をお楽しみいただけます。

 

 

里枝 Stratulat

エンジェルトーンピアノ教室

犬山市前原西町65番地

090-4216-1384

 

ピアノが習い事で一番良いと言われる理由は・・・